日本で発行されている紙幣に隠された秘密


皆さんはご存知だろうか。日本で発行されている紙幣に隠された秘密を。今日はその秘密について少し話をしてみたいと思う。
今現在日本には4種類の紙幣が発行されている。壱万円札、五千円札、弐千円札、千円札。
実はこの4種類の紙幣を法則に従い折り曲げ三つの隅を重ね合わせ、満月にかざし透かしてみるとある文字と中心に建物が浮かび上がる。
そう。それぞれの紙幣に印字されている金額が重なり合い「三井住友」になっているのがおわかり頂けるだろう。さらに重なり合い中心に浮かび上がった建物こそあの「パルテノン神殿」である。
そして、お試しになった方なら既にお気づきであろう。今手に持って満月にかざしている折り重なった紙幣の大きさ、デザインが三井住友VISAカードそのものになっていることを。
三井住友VISAカードこそ究極の通貨である由縁である。
必要性の是非が問われた弐千円札発行、偽造防止との建前上で一新された3種類の紙幣。全ては三井住友VISAカードこそ世界通貨だということを国民の潜在意識に植え付けることが目的だったのだ。
この国家機密レベルのどえらい話。信じるか信じないかは、あなたしだい。m9(`・ω・´)


─ あなたの財布にも、伝説を。



人気記事

    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。