黒いコートを着た男が来て「4000万円払えるか?」


昨日那覇から東京にANA最終便で戻ってくるときの出来事。
プレミアムクラスで転寝をしていると突然心臓に激痛が走ったんだよね。
そのまま意識がうすくなっていく中。スッチーから「お客様!大丈夫ですか!」
と叫ばれたんだよ。意識も朦朧としている中,スッチーが機内放送で
「お客様の中でお医者様はいらっしゃいませんか」と放送していたんだよ。
そしたら,黒いコートを着た男が来て「4000万円払えるか?」といってきたんだよ。
その男の横には,「あっぷりちょんげ」って叫んでいるウザイ奴がいたけど
意識が無くなっていくとき「このANAダイナースクラブカードで必ず払います!」と
カードを出そうとしたとき,普段は使わないはずの「三井住友VISAゴールドカード」
が一緒に出てきたんだよ。もう,意識無くなったね。
そしたら黒いコートの男は「これは!三井住友VISAカードプロパーのパルテノンじゃないか。
おれは三井住友カードには一生かけても返せない借りがある。この男よく見たら緊急オペが必要だ!
すぐに大阪へ降りれ!」って言ったらしいよ。
スッチーが機内放送で「三井住友VISAカード」をお持ちの方が重度の心臓疾患で
倒れました。みなさますみませんが「大阪に着陸します」って機長の許可無く
放送したんだよね。機長もこれを聞いてすぐに大阪の管制塔にSOS交信して
輸送用の救急ヘリを準備してくれたんだよ。
もちろん,黒いコートの男のおかげで手術は成功。しかも無料だったんだよね。

いやぁ、三井住友VISAカードがここまでのカードとは・・・

そうそう後日談があるんだよ。
その飛行機に同乗していた客は誰一人文句を言わなかったんだよ。
それに手術後は羽田まで飛行機で送ってもらったんだよね。
いやぁ、改めて三井住友VISAカードのステータスを実感したよ。
ホントにどえらいカードだよ。


─ あなたの財布にも、伝説を。



人気記事

    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。