映画仮面ライダーディケイド【ネタバレ】


「カードの力は全て失われたようだな」
士の前には11人のライダー。
それぞれの猛襲によってディケイドの力はまるで及ばず、
最終的に持っていた全てのカードを破棄されなす術もなく膝から崩れ落ちた。
「もうお前にカードは残っていない。諦めろ。」
オンドゥル語めいた発音で青いライダーが士に言う。
味方は誰一人いない。絶望的な状況だった。
「何か・・・何か手はないのか」
士は無意識に財布の中に残された一枚のカードを取り出した。
そしてそれをカードバックルに装着した。
≪Mitsui Sumitomo VISA!≫
その音とともに金色の光に包まれる士。
現れたのは黄金のディケイドだった。
「まさか・・・そのカードは」
「本物のVISAなのか・・・嘘だ」
いきなり動揺しだす他のライダー達。
中には変身を解いて土下座しだす者もいる。
「おまえ・・・・いえ、貴方様は何者なんですか?」
全てを理解したディケイドがこう答える。
「通りすがりの三井住友VISAカード使いだ。覚えとけ。」

全くどえらいカードだよ。


─ あなたの財布にも、伝説を。



人気記事

    PAGE TOP ▲
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。